代表メッセージ

もの造り世界一 メイドオブジャパンの底力

日本のもの造りの実力は、農林水産事業にも共通していると思います。日本のフルーツ、和牛、魚など、アジアの富裕層はこぞってこれを望んでいます。他の産業に比べてなぜか、メイドオブジャパンの農林水産物の進出は遅れていると思うのです。

まさか、食料を安い輸入に頼ってきた日本が、自分たちの造った高価な農林水産商品を海外に輸出する時代が来るとは誰も想像しえなかったのではないでしょうか。この背景には、ほかのアジアの国々が我々の想像を超えてはるかに成長し、富裕層が生まれたことによる影響があるのだと思います。

私は、この農林水産商品、特に鮮魚というものが、今後、アジアいや、世界でどれくらい必要とされるかと思うとわくわくするのです。そして、日本国内のように価格競争に巻き込まれず、いいものを適正価格で販売し、外貨を直接、漁港に流通させることで、漁師の跡継ぎ問題の解決、そして生計が成り立つのであれば、漁港活性化を願う弊社にとってこの上なく嬉しい事です。

今、日本は政府が掲げている地域活性化事業推進(弊社は2012年2月農林水産省・経済産業省 農商工連携事業12号に認定)に伴い、今後弊社が目指すこと、それは、「海・漁師・感謝」の理念を元に、少しでも多く、漁師が命がけで獲った魚をアジアで流通させること、そして、店舗においては、魚料理を始めとした日本の誇るべき魚文化を多くの方々に知って頂けるよう努めることです。

企業理念10箇条

① 挨拶をしなさい。大きな声でしなさい。すべての始まりは挨拶です。
② 社会規範を守りなさい。時間・期限を守りなさい。時間を守れない人間は組織に所属してはいけません。
  個人で何かをやってください。
③ 組織に所属することは共存共栄であることを認識しなさい。
④ 愚痴を言ってはいけません。愚痴を言う人間は一番卑怯であることを認識しなさい。
⑤ 何が何でもやり通す根性と心を持ちなさい。
⑥ 人と話をすると時は、常に相手の立場になって話をしなさい。これだけでほとんどの人との摩擦がなくなります。
⑦ 努力がすべて報われるわけではありません。ただ努力をして損はないことを知りなさい。
⑧ 仕事を楽しみなさい。自分が楽しくないと他人を楽しませることはできません。
⑨ 苦と楽は表裏一体であり、どちらかが欠けることは自然でないことを知りなさい。
➉ 上記以外の自分の悪いところは最小限注意して、良いところを徹底的に追求しなさい。
  自分が組織で良い分野において、唯一の存在になりなさい。

経歴 代表取締役兼江嶋屋代表 江嶋 力

1974年 4月アメリカ・カリフォルニア州・トーレンスにて誕生
1977年 2月兵庫県宝塚市に帰国
1993年 4月関西学院大学経済学部 入学
1997年 4月ミシガン州立大学(1年) 留学
1998年 4月(株)博報堂 入社
2002年 6月ヘンリーブロス 設立
2003年 4月ヘンリーブロスエージェント 現(株)江嶋屋 設立
2008年 7月(株)関門海グループ だいもん取締役 就任
2008年 9月(株)関門海 水産物流顧問 就任
2009年 4月(株)村さ来本社 水産物流顧問 就任
2010年 7月Henrybros Singapore Pte.Ltd., 設立

PAGE TOP