会社概要

企業戦略

鮮魚の独自流通ルート

弊社は、築地市場だけではなく日本国内の産地を直接訪れ、各地の漁港と提携関係を結んでおります。独自の仕入れ網を確立する事により、その地域にしかない漁港の至宝・知られざる海の幸を仕入れ、オリジナルのメニュー開発を実現しています。

鮮魚輸出

海外事業の一環として、リアルな魚業態店舗を各国で直営展開しております。
日本とは違う各国の文化や実情を知り、必要とされる魚貝類を徹底的に研究し、他のお客様への輸出及び店舗デリバリーを行っております。
現在は、シンガポール、ドバイを中心に展開しておりますが、「日本の地魚を世界へ」をモットーに輸出事業を全世界に拡大して参ります。

海外直営店舗

海外第一号店となる「銀座 黒尊 シンガポール」を出店し、これまでシンガポールでは入手できなかった魚や最高鮮度の魚を提供しています。
弊社では、「日本の美味しい新鮮地魚を世界へ」という熱い思いのもと、シンガポールを海外事業の軸とし、アジア各国への店舗展開にも積極的に取り組んでおります。

企業概要

社名ヘンリーブロス株式会社
本社所在地東京都港区高輪1-2-16 4F
TEL03-5793-1238
FAX03-3443-8231
設立平成14年6月3日
資本金3,000万円
株数600株
役員代表取締役社長  江嶋 力
取締役      江嶋 善信
顧問法律顧問 FIELD-R法律事務所 山崎 卓也
     みなと青山法律事務所
     アンダーソン・毛利・友常法律事務所
税務顧問 佐田税理士事務所
グループ会社株式会社江嶋屋(総合水産商社)
HENRYBROS SINGAPORE PTE LTD
       (CAPITAL $1,650,000)
取引銀行三菱東京UFJ銀行
西武信用金庫
DBS BANK
主要取引先株式会社ダイヤモンドダイニング
株式会社バグース
株式会社Prunz
株式会社サプライズ
株式会社Y’s & partners
SERVERS株式会社
TOYO INTERNATIONAL TRADING PTE LTD.
Monako Asia Pte Ltd
ANAホールディングス
三菱倉庫株式会社

社名の由来

江嶋が飲食店を起業するのは、尊敬する兄が自動車事故で不慮の死を遂げた事による。そんな兄は生前、江嶋によく「将来、一緒に外食チェーン経営をやろう!」と言っていた。ただ江嶋は、兄の下でやったら社長になれないという理由で誘いを断っていたが、兄の非業の死に運命的なものを感じ、兄の遺志を引き継ぐことに決めた。
こうして江嶋は2002年6月に「ヘンリーブロス」を設立した。「ヘンリー」とは米国生まれの兄のミドルネーム。それに兄弟・情熱の意味の「ブロス」をつけて社名としたのが由来である。

PAGE TOP